徳守神社公式サイト 徳守フェイスブック

平成の大修理

新たな神輿庫と両御神門の修繕

平成の大修理

大神輿大修理を期に神輿庫を新築し、皆様に年間を通して拝観できるようにしようという議が起こりました。また、表門及び北門の損傷も著しく保存修理が必要な状況にあり、併せて両御門の修復工事を行うことになりました。こちらではそれぞれの完成までの経緯をご紹介しております。

平成24年6月3日に行われた地鎮祭併せ清祓祭より、神輿庫の新築と両御神門の御屋根葺き替え工事が始まりました。

平成の大修理

そして、平成24年8月3日には新しい神輿庫の上棟祭が執り行われました。

平成の大修理

神輿庫竣工

平成24年10月10日、新しく新築された現在の神輿庫です。平素から拝観頂けるようになり、また、より多くの方にご覧頂ければと正月・節分祭・夏越祭などでは、夜まで扉を開きライトアップしております。また、翌平成25年4月には神輿庫の完成と両御神門修復を祝し、奉祝祭と記念稚児行列が執り行われました。その時の記事も合わせてご覧下さい。

新神輿庫

現在の神輿庫