徳守神社公式サイト 徳守フェイスブック

神前結婚式

徳守の大神さまのご神前で

晴れやかな結婚式を挙げてみませんか?

神前式 参入

結婚はお二人で歩まれる

新たな人生のスタートライン

神前式 神前挙式

この大切な一歩を太陽の光の導きの下で、徳守様を始めご親族皆さまに見守られながら、将来を誓い合う事は大変意義深い事ではないでしょうか。

神前式風景写真へ

神前式の風景写真はこちら

神前結婚式の由来

挙式は、明治の始め頃までは通例家庭内で行われていました。この形は、家庭の床の間に、ご神名の掛け軸などを掛け、その前に神饌をお供えして祀り、このご神酒を新郎新婦が三三九度で戴くことにより、夫婦の契りが結ばれていました。

古来より伝われてきた、このご婚儀の形に準じて明治三十三年、後の大正天皇と貞明皇后様のご婚儀が宮中賢所の大前で執り行われました。

そして、翌明治三十四年、このご婚儀に基づき東京大神宮で一般の挙式が初めて行われ、それが全国各地に普及し各神社でも行われるようになりました。

従って、現在の神前結婚式は、古来より培われてきた家庭における婚儀の形や礼儀作法の集大成といえるでしょう。

衆楽園挙式案内へ

※10月と11月は当社の都合によりお受けできない日が多数ありますのでご了承ください。